突然のことに慌てないで済むために!初心者にもよく分かる葬儀の知識を紹介します

当サイトでは初心者にもよく分かる葬儀の知識をご紹介しています。
突然のことに慌ててしまいがちかもしれませんが、あらかじめ知っておけば落ち着いて対応することができるでしょう。
葬式を頼む業者の種類と選び方を知っておくのも良いかも知れません。
様々な業者がいますが、日ごろからどのようなスタイルで行うか話し合っておくのも大切です。
またも葬式を行うにあたっての喪主の役目など、基本的なことも改めて理解しておくのがおすすめです。

突然のことに慌てないで済むために!初心者にもよく分かる葬儀の知識を紹介します

宗教・宗派、地域によっても様々な違いがある葬儀は普段の生活では意識されないようなしきたりが色々あるため、良く分からないという人は多いのではないでしょうか。
葬儀の種類も様々なものがありますが、近年は小規模な葬儀が人気を集める傾向があります。
しかし知識がないと、いざ葬儀を執り行うことになった場合に戸惑うこともあるかも知れません。
そのため、あらかじめ葬儀に関する知識をしっかり持っておくのがおすすめです。

知っておかないと遺族に失礼!葬儀に関するマナー

葬儀には細かくマナーがあり、把握しておかなければ常識を知らないと思われることもありそうです。
例えばお悔やみの言葉のかけ方1つでも、葬儀に対してマナーがあります。
お悔やみの言葉は、「この度はご愁傷さまでございます」「お悔やみ申し上げます」などのような言葉が代表的で、愁傷というもは強いもの悲しさを表しているのです。
愛する家族の死に際して、ご遺族は深い悲しみに包まれています。
その心を少しでも軽くするためにも、短めに気持ちを伝えることが大事です。
声のトーンは低めで小さく挨拶するのが基本であり、死因を尋ねるのはやめておいたほうがよいでしょう。
信仰する宗教でも変わってくるので、あらかじめ斎場で宗派は確認しておくとよさそうです。
キリスト教の場合は、「安らかなお眠りをお祈り申し上げます」が一般的といえます。
死生観においても変わってくるために、あらかじめ準備して言葉を調べておくと、より故人を見送りやすくなるのです。

葬儀の際の香典袋の書き方と渡し方

葬儀の際には香典を渡すことが一般的ですが、この書き方や渡し方についてはどのようにすれば良いのでしょうか。
まず書き方ですが、御仏前あるいは御霊前としますが、いわゆる四十九日が終わる前はまだ故人は仏様にはなっていないということで、御霊前が普通です。
ただし宗派によっても違いがあり、よく分からないときは御香典と書いても構いません。
キリスト教などは当然ながら仏様ではないわけで、御花料とか供花料などと書く場合もあります。
その上で、下に自分の名前をフルネームで書きます。
中の袋には金額を書きますが、この際、誤解とか改ざんを防ぐために大字と呼ばれる書き方をするのが普通で、一・二・三・十・万といった漢字の代わりに壱・弐・参・拾・萬のように書くわけです。
渡し方ですが、葬儀の受付で担当者に手渡しするか、箱が用意されている場合にはそこに置きます。
担当者に手渡しする場合には、丁寧に両手で受け渡しするようにしましょう。

葬儀に着ていく服で悩まないように!身だしなみの常識を知ろう

葬儀に着ていく服はどういったのが良いのか、意外と知る機会は少ないかもしれません。
親族側で参列するにしても、基本的なマナーがあるのです。
葬儀は一般的に薄化粧が良いといわれています。
涙が流れるかもしれないですが、フォーマルな服装で行くのが身だしなみといえます。
片化粧と呼ばれる口紅を使用しないのが一般的です。
口紅を付けないのは、悲しみのあまりに紅を引けなかったことを暗示するのです。
また身だしなみとして、ネイルはふさわしくないので注意が必要といえます。
自分でマニキュアを塗っている場合はきちんと落として、爪も整えておく必要があるのです。
万一ネイルアートをしている場合は、黒い葬儀用の手袋をはめるのがお勧めといえます。
しかしお焼香の場合などで手袋を外す必要があるので、上からネイルを重ねるといった裏技も可能なのです。
ロングヘアーはしっかりと結んで、長いままで参列しないように注意をしましょう。
基本的には清潔感を出すことが大事です。

どうしても葬儀に行けないときの連絡方法や電報の打ち方

葬儀の連絡を受けた場合、取り急ぎ駆けつけるのが望ましい姿ではありますが、当然ながら種々の事情によって行けないこともあるでしょう。
そういう場合にどのように連絡すれば良いのでしょうか。
頭に入れておいて欲しいことは、理由を長々と説明するような必要は全くないということです。
遺族は故人を失った悲しみや葬儀の準備などで大変な最中であり、ある一人の人物が来られないことの理由などに必要以上にお付き合いしている時間はないと考えて下さい。
ですから、事情により参列できないというように、ごく簡単に伝えるだけで十分です。
故人との関係にもよりますが、電報を打つことも考えておきましょう。
今ではメールとかSNS全盛であって、電報など打ったことが無いという人も非常に多いかもしれませんが、さすがに葬儀の場でこれはふさわしくありません。
弔電は、局番なしの115番に電話するか、あるいはインターネットからでも手続きをすることができます。

葬儀に関する情報サイト
初心者でも分かる!葬儀の知識

当サイトでは初心者にもよく分かる葬儀の知識をご紹介しています。突然のことに慌ててしまいがちかもしれませんが、あらかじめ知っておけば落ち着いて対応することができるでしょう。葬式を頼む業者の種類と選び方を知っておくのも良いかも知れません。様々な業者がいますが、日ごろからどのようなスタイルで行うか話し合っておくのも大切です。またも葬式を行うにあたっての喪主の役目など、基本的なことも改めて理解しておくのがおすすめです。

Search